村田諒太VSエンダム 判定負けは当たり前やろ【理由】

ちょっとイライラして言葉が悪いですけど、すみません。
ちょっと本音を・・・
これはあくまで主観なので、いろんな意見があることは承知しています。



村田諒太が初めての世界戦で判定負け!
アッサンエンダムが勝った訳だ。

まあ、村田の負けは順当な結果だわな。
これで判定勝ちはないわ。

村田諒太が負けた理由はただ一つ!
  とにかく手数が足りない


ボクシング界では、
いやこれは今までずっと言われてきたことだけど、
世界戦の採点は手数というかクリーンヒットの数が多い方が判定では有利だ。
何年も前からずっと言われてきた。ずっと・・・

その手数なんだけど、世間で言われているただ手を出すではなくて、
クリーンヒットだよクリーンヒット!
パンチの強い弱いではなくて、相手の顔面やボディに当たったかどうかね。

そういう意味で
村田諒太のパンチがどれだけクリーンヒットした?
ダウンシーンとそれ以外に数発あっただけで、ほとんどがエンダムのガードの上からだよ。

村田の強いパンチはガードの上から。
エンダムの強くはないパンチは村田のガードの隙間から。
クリーンヒットがポイントになるなら、何がどっちのポイントになる?

世界線で手数が大事になってきた理由は、パンチの数をたくさん出せば、それが強い弱いは別にして、相手の顔面にヒットする確率が高まるから。
つまりポイントになるからなんだよ。


しかしまあ、いままで何人のチャレンジャーが勝ったと思った試合で判定負けしてきたと思ってるんだ。
村田陣営は何も学んでない。
村田諒太と帝拳ジムスタッフは過去から何も学んでない。
あれじゃあ勝てないよ。

ダウンを取ってアナウンサーが大声で叫んだところで、
それが決定的なポイント差にはならないんだから。
亀田じゃないんだから。

前評判で「強い」と言われているパンチ力が決定的なポイント差になるのは、日本国内での「日本ボクシング協会ルール」の中の試合だけだよ。
4回戦から日本タイトルまでね。


日本ボクシング不滅の激闘史と言われた昭和の時代なら村田の判定勝ちだったと思う。
でも世界のルールは変わったんだ。

国内の評価はマスコミとかが騒いでくれれば、まだなんとかなるけど、
これで村田諒太の商品価値は、世界的にはだいぶ下がったと思う。

ミドル級で世界線をするのがどれほど大変だと思ってるんだ。

悔しいのう
悔しいのう

でもぶっちゃけ、レナード、ハグラー、ハーンズ、デュランなどとは違って、
ミドル級の世界戦にしては村田諒太の試合は退屈だったね。

ちょっと追記
過去いろんな世界戦があって、ダウンを取ったけど判定負けなんてたくさんあった。
その度にボクシング関係者は「挑戦者なんだから最後まで前に出ろ」といってきた。なんとしてでもベルトを掴むっていう姿勢が欲しいと。そして「また出直すべき」とね。
でも今回の村田戦に限っては、判定がおかしいとか、すごい言ってるよね。なんでだろう。

トップ > 試合観戦記 > 村田諒太VSエンダム 判定負けは当たり前やろ【理由】