サウスポー対策

サウスポー対策について書きます。 サウスポーが苦手なボクサーって多いですよね。筆者(私のこと)はサウスポーが得意でした。対サウスポーは負け無し。 巷で言われている『サウスポー対策』は、前足を相手の前足の外側へ持っていくようにポジショニングすることだと言われています。間違ってはいませんし、正攻法だと思います。ですので当サイト=ボクシングと減量のテクニックでは、サウスポー対策用のテクニックをお伝えします。 サウスポーと戦うとき、やはり大事なのは左ジャブになります。相手の内側からも外側からも打ちましょう。ダッキングしながら打ったり、相手の外側へステップしながら打ちます。ジャブをアッパーカット気味に打ったり、フック気味に打つことも出来ます。軽くチョンチョンとパンチをだす。サウスポー相手ではなくとも有効です。 サウスポー対策に限ったことではありませんが、ジャブなどのストレート系のパンチは真っ直ぐ打たなければいけないなんてルールは、ボクシングにはありません。こだわりは自分の可能性を狭くしてしまいます。 次回、とっておきの対サウスポー用のカウンターパンチをお伝えします。

トップ > ボクシングテクニック > サウスポー対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。