近視とボクサーの関係

近視ボクシングについて書きます。近視つまり視力の弱い選手はボクサーには向かないのかっていう疑問があります。
近視だったらパンチが見えないのか?とかですね。実はそんなことも無いんですよ。近視が問題なのではなくて、動態視力の方がより深く関係してきます。なぜか?
極度の近視は問題外だが、年に一度あるボクシングライセンスの更新は、視力は0.3以上あればOKなのです。それに、ある程度近視の選手でも『目が良い』ボクサーはたくさんいます。問題は近視ではなく、その選手のファイトスタイルによって、あるいは相手をしっかりと捉えることが出来ているかなどのキャリアや実践経験によっても変わってきます。一概に近視が悪い訳ではありません。ただし、近視など目の検査は定期的にこなすのもボクサーの仕事のひとつと言えるでしょう。
近視に対する知識は、ボクサーならずとも持っておきたいものです。

トップ > 視力や目の管理とボクサー > 近視とボクサーの関係