比嘉大吾が所属するジム会長 具志堅用高に喝!

このタイトルで1週間くらい前にこの記事を書いたんだけど、アップし忘れていました。

ここから

比嘉大吾がピンチだ。
比嘉大吾の減量の厳しさは、ずいぶん前から言われていた。
ちょっと知ってるボクシングファンなら、みんな心配していたと思う。
もうすでにフライ級の身体つきではないですよね。
過度な減量は選手生命を縮めるどころか、命の危険すらあります。
身体から水分まで減らしてしまうことによって、ろれつが回らなくなるし、脳が萎縮してしまうような事態になったらどうするんですか。
このところ比嘉大吾の試合前って、フラフラ状態で歩く事もままならない感じでした。
意識も心もここにあらずっていう様子で、プロなんだからとか、チャンピオンなんだからとか言ってる場合じゃないと思ってしまいます。

もう完全に具志堅用高会長に喝!を入れたいです。
比嘉大吾選手のフライ級での試合が今回で最後ならいいのですが、次もフライ級だとしたら、具志堅用高会長は金儲けのために選手の命をも犠牲にする。欲深い。そんな人間なのだと理解します。
だってそうでしょう。例え世界チャンピオンになったとしても、せめて1回は防衛しないとお金は稼げませんから。世界タイトルに挑戦するときに大きなお金がかかります。そのお金を回収しようとしているのでしょう。もしくはビッグマネーを手にしようと考えているのかも。
選手もそうですが、ジムやプロモーターであるジム会長も、世界チャンピオンになっただけでは大きくは儲からないそうです。
でも具志堅用高会長って、テレビに出まくっているしそれなりに稼ぎがある訳じゃないですか。その稼ぎをジム運営に回すなどして、もう少し考え方をアスリートファーストにしてもらいたいものです。

具志堅用高会長は現役時代、減量とは無縁の選手だったんですよ。当時フライ級が最軽量級だったのですが、さらに軽いジュニアフライ級という階級が新設されました。「具志堅のために作られた階級だ」なんて言われていたそうです。
過酷な減量なんてしたことがない人が、選手の体調も考えずに体重だけが心配なんて言われると、本当に残念です。

比嘉大吾選手はもうフライ級は最後にしてもらいたいです。

ここまで



ところが!
たったいま見たニュースでは、比嘉大吾選手が体重超過でタイトルはく奪ですって!

もう考えられないですよ。
これで今日KO勝ちして16連続KOの単独日本記録ですか。
これはケチが付きますよね。
もし今日の試合で負けたとしても、単独ではないが15連続KOの日本記録保持者であることには変わりはないので、かなりイメージが悪いですよね。

比嘉大吾選手は以前から、フライ級はもう無理って公言していたのに、記録欲しさにフライ級に留まらせる神経が分かりませんよ。
まあ、選手本人のせいでもあるし、トレーナーにも責任があると思うんですけどね。
会長の鶴の一声にはかなわないのかなあ。

こうなってくると、比嘉大吾選手本人のメンタルも心配になります。
厳罰が下るとは思いますけど、それはしっかりと受けるべき。
それでも、周りの大人たちが彼のメンタルをケアしてあげてもらいたいものです。



■追記
試合が終わりましたね。TKO負けです。
相手の選手も気持ちが強くて、いい選手でしたね。
最後の最後にちょっとだけ気持ちが救われたのですが、セコンドにいた具志堅会長がドクターに促された時すぐにレフェリーにギブアップを告げにいったところですね。

トップ > ボクシングテクニック > 比嘉大吾が所属するジム会長 具志堅用高に喝!