パンチは足で打つ

パンチは足で打つってよく聞きます。
パンチをなぜ足で打つのかを教えます。
ボクシングジムに行っても、最初は基本しか教えてくれません。ぶっちゃけ、疲れません?もっとテクニックを教えて欲しいですよね。そこで
パンチは足で打つってわけですが、
パンチの前に・・・
ボクシングの基本形で、左ジャブを打ちながら前へ後ろへって行く練習はしましたか?
したという前提でお話します。
パンチを打つのって、前後の動きだけではないですよね。
ボクシングの試合を見ても、一目瞭然です。ではどのような練習をすれば良いのかというと・・・。
パンチを打たないまま、足だけで練習します。
まず左足を、内側へ90度曲げるイメージでステップしてください。
自然と右足も付いてきますよね。上半身は半身の体制のままですよ。
今は一気に90度行きましたけど、45度でも良いです。
ようするに前後の動きだけではダメなんです。
ひざを柔らかく使うと、動きがスムーズになりますよ。
ボクシングで教わることだけが正しい訳ではないのです。経験者に教わるのが一番(笑)
パンチは足で打つ!!




トップ > ボクシングテクニック > パンチは足で打つ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。